ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

「2年ほど前になるが、私は引退を決意した。『もう歌はやめよう。幻滅した』と。生きていく中で、耐えることが多過ぎて、『歌はたくさんだ。何も得られない』と思ったんだ」

                        ”Buena Vista Social Club” by Wim Wenders

 

 キューバの歌手、ブライム・フェレールが、上記のように告白したのは、1998年の夏。カーネギーホールに出演のため、ニューヨークを訪れた、71歳の時だった。でも、彼が「歌をやめなくて良かった」と思った人は、世界中にどれだけいることだろう!


 彼自身も、上記の告白の直前に、次のように述べている。


「正直言って、昔からこの街に憧れていた。何てステキな街なんだ。来られて幸せだ。夢のようだ!」


  ブライム・フェレール(Ibrahim Ferrer):1927年2月20日、キューバ、 サン・ルイス生まれ。2005年8月6日, キューバ 、ハバナにて死去。



0コメント

  • 1000 / 1000